猫とワタシ

桃と風と太郎のおはなし♪

ふわふわセキセイインコの風ともこもこボロニーズ桃&太郎のおはなし♪を綴っています。

この記事のみを表示するカサブランカ

未分類

CYMERA_20140119_101849.jpg

義父の好きだったお花カサブランカの花言葉は
雄大な愛 威厳 高貴




2014年1月19日
IMG_20140119_130652.jpg

雲ひとつない快晴のもと
義理の父とのお別れの日がやってきました。
本人の意向で華々しい葬儀はせずに
家族のみの火葬場でのお別れ。。。

お別れが済んだら喪に服すなど縛られる生活はせず
通常通りにそれぞれの道で精進するようにとの事。

故人の見送り方については地域性やそれぞれの家庭によって
敷きたりや考え方は様々ですが…
東京生まれの東京育ち。
また仕事柄見送る立場の多い義父は
生きている人が元気にいつも通りの生活を続ける事が
何よりの供養との考え方の人。
メソメソとうつむいてばかりでは義父に叱られます。
明日からは通常通り毎日笑顔で過ごす事が義父にとっての
1番の供養ではないかと思っております。

ブログの訃報を読んでお悔やみや励ましのお言葉を下さった皆さま
温かいお心遣いを本当にありがとうございました。
優しいお気持ちに感謝致します。
とても辛く悲しい永遠のお別れでしたが
義父の意志を継いで
笑顔で前を向き進んでまいりますので
温かく見守って下さればと思います。 
今後とも桃ファミリーをどうぞよろしくお願い致します。    

この記事のみを表示する悲愴

未分類

ベートーヴェンのピアノソナタ 
悲愴  第2楽章
2353_230_160_crop_a99dd.jpg


この曲を聴くと

心がとても穏やかになり

嬉しいとき

辛いとき

悲しいとき

どんな時にも

心がすーっと落ち着きます。






2014年1月16日


満月に導かれるかのように


義理の父が虹の橋を渡って旅立ちました。


享年84歳


80歳まで現役で開業医をされていました。






義理の父を


パパはこう例えました。


己の道を突き進む


唯我独尊のような人。







覚悟はしていたけれど


永遠のお別れは


辛く


悲しい






長きに渡り



世の中に貢献をされた義父



どうか



安らかに



おやすみ下さい。







コメント欄は閉じさせて頂くことをご了承下さい。