猫とワタシ

桃と風と太郎のおはなし♪

ふわふわセキセイインコの風ともこもこボロニーズ桃&太郎のおはなし♪を綴っています。

この記事のみを表示する太郎ちゃん去勢手術のおはなし♪ ぱ~と2

避妊・去勢手術

術後4日目
201408210143063fa.jpg
この日から寝ている時とごはんの時以外はカキカキ・ペロペロが激しくなった太郎ちゃん。
仕方がないので桃ちゃんが避妊手術の時に使用したエリザベスカラーを付けてみました。


すると。。。
20140821101759633.jpg
はじめは『やだな~』という表情だった太郎ちゃんも。。。


201408211926117ad.jpg
すぐに慣れておやすみなさ~い☆
この頃からステンレス製のトイレの上が冷たくて気持ちが良いのか?
ここで眠る姿が多く見られるようになりました(笑)
それでも寝ている時とごはんの時以外はカキカキが止まらない太郎ちゃん。


20140821102148d18.jpg
気を紛らわす為にガーゼの中にフードを入れてみると。。。
いつもは20分程フードをGETしようとがんばれる太郎ちゃんですが、やはり痒みが辛いのか?あまり集中力がなく10分程で終了となりました。


201408211019520c1.jpg
なるべくカラーを外して冷え冷えボードの上や、ママの膝上で過ごし少しでもストレスが軽減出来るようにしていましたが、太郎ちゃんのカイカイは増すばかりでした(涙)
時には痛みよりも痒みの方が辛い場合もあると聞きますので、術後5日目の朝一番で病院へ行き、保護用のテープを剥がして貰い塗り薬で様子をみる事となりました。


術後5日目
2014082110472080c.jpg
テープを剥がして貰いましたが、まだまだカイカイが治まらない太郎ちゃん。


少しでも気が紛れるように桃ちゃんと一緒に過ごしてみる事にしました。
201408211020470eb.jpg
それでも傷口が気になりカキカキペロペロしたい太郎ちゃんを桃ちゃんが見守ってくれています♡


そして
20140821102046ebc.jpg
太郎ちゃんの前でお腹を見せてアピール中の桃ちゃん(笑)


20140821102044ba8.jpg
ゴロンゴロン転がって遊ぼう♪と誘っています(笑)



201408211020505ad.jpg
そんな桃ちゃんを見て、少しずつ太郎ちゃんもカイカイから意識が桃ちゃんの方へと向いてきました♪



20140821102145001.jpg
そしてようやく太郎ちゃんから桃ちゃんを誘うようになりました♪♪


20140821102048579.jpg
6日ぶりのがぉ~です(笑)
まだまだプロレスごっこは出来ないけれど、久しぶりに太郎ちゃんと桃ちゃんの嬉しそうなお顔が見られました♡



20140821102146251.jpg
術後4日目からは夜中の2時頃まで痒みとの格闘で熟睡出来ずにいる太郎ちゃん。
傷口は順調に回復しているものの、テープを剥がして貰ってからも不快感との戦いが続いています。
獣医さん曰わく、太郎ちゃんの肌はもち肌で柔らかくかなりデリケートなお肌との事です。
皆さまから『大物』と言って頂いている太郎ちゃんですが、実は繊細な面も持ち合わせているようでした(笑)

術後からまだまだいつも通り元気いっぱいな姿が見られず、夜も眠れずカイカイでのた打ちまわる太郎ちゃんも見ているのはとても心苦しいママですが、太郎ちゃんの方がもっともっと辛くて苦しい思いをしているので、抜糸まであともう少しですから一緒にがんばって乗り越えていきましょうね♡

これで太郎ちゃん去勢手術のおはなし♪はおしまい





この記事のみを表示する太郎ちゃん去勢手術のおはなし♪

避妊・去勢手術

2014.8.15 
20140818183826e99.jpg
太郎ちゃん5ヶ月と4日目のこの日。
いよいよ去勢手術の日を迎えました。
初めは9月にようちえんの卒園式や運動会を控えている為、6ヶ月が過ぎた9月の下旬にと考えていました。
ところが早熟な太郎ちゃんは4ヶ月を過ぎた頃からマーキングやマウンティングをするようになり、ようちえんのトレーナーさんとも相談をし早めに手術を受ける事となりました。
桃ちゃんの時にはあまり気に掛けた事がありませんでしたが、太郎ちゃんの発育・発達と共に男の子の性成熟についてきちんと理解をしていた方が良いと感じ、色々と調べてみた事を記したいと思います。

【性成熟の時期】
仔犬は生後6ヶ月を過ぎて身体の成長が一段落すると、性的にも成熟する性成熟を迎えます。
性成熟の時期は個体差があり、早い場合は6ヶ月頃、遅い場合は1歳を過ぎてから性成熟を迎え、通常大型犬よりも小型犬の方が早熟な傾向にあります。
女の子の場合、最初の発情を迎える事で性的に成熟した事がはっきりと確認出来ますが、男の子の場合にはいつ性成熟を迎えたのかがわかりずらく、行動や体付きの変化などによって確認します。
男の子の場合は下記のような場合に、性成熟を迎えたと考えるそうです。

★マーキングをするようになる★
片足を上げておしっこを掛けるマーキングは男の子に良く見られる行動です。
マーキングをするようになると、散歩中の排尿回数が増えおしっこを小分けにするようになり、時にはおしっこが出ていなくても高々と足を上げてマーキングする姿も見られます。
そしておしっこをする前には念入りに匂いを嗅ぎ、他のわんちゃんの匂いを消すようにマーキングをします。
こうする事で自分の縄張りを主張し、同じ散歩コースを歩く女の子へと自分の存在をアピールし、男の子に対しては牽制の意味合いがあるそうです。
またこの頃から自分の縄張りに対して強く意識するようになり、家の前を通る通行人や他のわんちゃんに対して警戒し、追い払う為に吠える事が多くなります。

★マウンティングをするようになる★
早い場合には生後3ヶ月頃からマウンティングの真似事のような行動が始まりますが、性成熟を迎えるとマウンティングが頻繁になる傾向があります。(大体生後6ヶ月以降)
そうなると止めさせようとしてもなかなか止められなかったり、射精をする場合もあります。
特におもちゃやクッションなどに行う場合は、対象となる物に強い執着を示す傾向にあり、取り上げようとしても怒って吠えたり突発的に噛みつく事もある為、早めに処分するなどして止めさせた方が良いとの事です。


★性の衝動★
性的欲求は、時には飼い主自身の行動がわんちゃんの性欲を高めてしまう事があるそうです。
例えば仔犬がマウンティングするのを微笑ましい姿であるかのように笑って見守るなどは、生後6ヶ月を過ぎた仔犬は人に例えると中学生~高校生位の思春期の時期になります。
月齢は幼いながらも身体は立派なオスであり、交尾に対する欲求や性欲を発散させる為にマウンティングをします。
そのようなマウンティングを容認する事は、仔犬が性の衝動の赴くままの行動を容認した事になり、その結果性欲を強化してしまう事へと繋がり、成熟したオス犬の本能に起因する問題行動が現れる場合もあると学びました。

去勢手術を受ける目的は将来病気にならない為の予防が1番ではありますが、男の子の性成熟をより理解しなるべくストレスがなく穏やかに過ごさせてあげる為にも去勢手術という選択はとても大切なのではないか?と改めて感じる事となりました。



さてさて前置きが大変長くなってしまいましたが。。。
前日の夜12時まではごはんを食べてもOKだったので、9時半頃に少しだけ最後のフードを与えるとペロリと平らげた太郎ちゃん。
20140821124918394.jpg
手術当日の朝7時までは飲水はOKですがごはんを貰えず『まだですか~?』という表情でママを見つめる太郎ちゃんに心苦しくも記念にお写真をパチリ(笑)


この日桃ちゃんはようちえんの登園日なので太郎ちゃんの居る2階から離れた1階のお部屋へ移動し、こっそり朝ごはんを頂きました。
2014081821554941c.jpg
太郎ちゃんに反しておなかいっぱいの桃ちゃんは満足そうなお顔です♡
8時になり桃ちゃんはお迎えの車に乗ってようちえんへと出発しました。
『太郎ちゃんは行かないの~?』とちょっぴり寂しそうな桃ちゃんでしたが『お迎えに行くから待っててね』と伝えるとクレートに伏せてジッとママを見つめていました。
太郎ちゃんと同じ月齢の時の桃ちゃんは、ママと離れる時はクンクン悲しそうに鳴いていましたが。。。
1歳を過ぎた頃からはまわりを良く観察をし状況判断が出来るようになり、納得するとクンクン甘えたり鳴いたりする事もなく、とても聞き分けの良いお姉さんに成長しました。
太郎ちゃんを迎えてからはより一層聞き分けが良くなりお利口になってきましたが、あまり我慢をし過ぎず甘えたい時には思いっきり甘えん坊な桃ちゃんで居て下さいね~♡


桃ちゃんの登園後はいよいよ太郎ちゃんが病院へ行く時間となりました。
昨年9月に桃ちゃんが避妊手術を受けた時は平日だった為ママが1人で手術の日を迎えましたが、この日はパパも夏休みでお仕事がお休みなので一緒に病院まで車で向かいました。
桃ちゃんの時は何もかもが初めての経験で不安がいっぱいのママでしたが。。。
今回はパパも付いていてくれるので、とても心強く落ち着いて居られたように思います。
とは言うものの太郎ちゃんをお願いし、病院を後にする時は胸が張り裂けそうな気持ちになり、後ろ髪を引かれる思いでいっぱいでした。
『手術』というものは何度経験をしても決して慣れるものではありませんね。
桃ちゃん避妊手術のおはなし♪

桃ちゃんの避妊手術の時は、自宅で1人時計とにらめっこをしながら不安でいっぱいな時間を過ごしましたが、今回は気分転換に映画でも~♪と考えていましたが。。。
あまり集中して観られないのでは?と思い、久しぶりにパパとランチへ行く事にしました。


訪れたのはこちら
2014082101430551f.jpg
東京都新宿区のリーガロイヤルホテル内にある皇家龍鳳
皇家龍鳳


20140820162834dbc.jpg
店内の落ち着いた雰囲気がお気に入りですがこの日はお盆休み期間の為か?普段よりも多くの人で賑わっていました。


201408201629346a2.jpg
こちらのホテルは早稲田大学に隣接しており、大隅庭園や早大のキャンパスの緑がとても美しく、美味しいお食事はもとより素晴らしい景色を眺める事が出来ます。


お食事はアラカルトで頂きました。
20140820162932e51.jpg
鶏棒棒


20140820162835107.jpg
夏野菜を主菜としたサラダ レモンドレッシング


20140820162931eeb.jpg
蝦夷鮑のネギ生姜蒸し


201408201629291d2.jpg
毛鹿(もうか)サメのフカヒレ 


201408201628311bf.jpg
担々麺
辛味はお好みで調節出来るようにラー油は掛けてありません。


20140820162832cd3.jpg
マンゴープリン

太郎ちゃんの術後に備え『腹が減っては戦は出来ぬ!』との思いで美味しいお食事を堪能させて頂いたものの、やはり太郎ちゃんの事が気掛かりで時計ばかり気になってしまい、あまり食事に集中出来ずのパパとママでした。



そして午後4時過ぎにまずは桃ちゃんを江東区にあるようちえんへお迎えに行きました。
201408201946334fe.jpg
こちらのようちえんへパパがお迎えに来るのは珍しく、いつもより時間が早いので嬉しくて嬉しくて仕方のない桃ちゃんでした♡


桃ちゃんのお迎え後は無事に麻酔から目覚めた太郎ちゃんの元へ、焦る気持ちを抑えながら車で病院へと向かいました。
太郎ちゃんへ対面前にまずは獣医さんから手術の経緯を伺いました。
実は太郎ちゃんのタマタマが1つしか下りてきていなかった為、傷口は2つとなっていました。
そしてきちんと取り出した事を確認する為に、太郎ちゃんの身体から摘出した物を見せて頂きました。

リアルなお写真ですので目にしたくない方はスルーするようお願い致します。
太郎ちゃんが男の子だった証はこちらです↓
20140818183857d72.jpg
パパは想像していた以上に『大きいな~』と感心していました☆
ママの感想は?
『白子みたい。。。』でした(笑)

パパとママが説明を受けている間、別室からか弱い声でクンクン鳴いている太郎ちゃんの声が聞こえてきました。
しばらくすると持参したカラーを付けてクレートに入った太郎ちゃんを連れてきて頂きました。
『太郎♡』と声を掛けると嬉しそうにしっぽをふりふりと答えてくれて、桃ちゃんもクレート越しに太郎ちゃんへとご挨拶をし、まるで『良くがんばったね~♪』と伝えてくれているかのようでした♡
お家に帰るまではクレートを開けず、静かに過ごしましょうね♪


午後5時帰宅。
20140818183825685.jpg
桃ちゃんはエリザベスカラーを付ける練習では眠れる程に慣れていましたが、術後は傷口の痛みとカラーのストレスが強かったので、太郎ちゃんには異なる種類のカラーを幾つか準備しておきました。
1番始めに太郎ちゃんが使用したのはエリザベスカラーではなくクインカラー25
こちらの商品は装置したままでも『食事』『睡眠』『遊び』が行えるようにと、獣医さんとクークチュールという会社が共同開発されたカラーです。
Coo Couture


2014081818390072b.jpg
自宅に到着後30分経ってからお水を少量ずつ与えて嘔吐する事がなければ、通常の1/3の量のフードをふやかして与えるようにとの事でした。
お水もフードもお薬も全く問題なくクリアーの太郎ちゃん。
桃ちゃんの時は一番心配したおちっこも、夜の10時頃トイレへ行きパパとママを安心せてくれた太郎ちゃんでした。

20140818183859e9f.jpg
おちっこを済ませるとベッドでジッとしている太郎ちゃん。


20140820230206ac4.jpg
時々場所を移動しては辛そうなお顔をしています。


20140818183820803.jpg
いつもはハウスで寝ている太郎ちゃんですが、この日はサークルで囲った中ではフリーの状態にして好きな所で眠れるようにしてあげると、ママの側に置いたベッドの上で眠りについた太郎ちゃんでした。


術後1日目
20140821003345df7.jpg
この日の午前中はパパと一緒に傷口の経過を診て貰う為に病院へ行って来ました。
お腹のテープを剥がす時にはぴ~ぴ~鳴いていたようですが(笑)
傷口もきれいで経過は良好との事でした♡
今日は1日安静に過ごし、明日からは通常通りの生活と軽いお散歩ならOKの許可を得られ、桃ちゃんの時よりも早い回復にひと安心のパパとママでした。


まだまだ殆ど動かず横になってばかりいる太郎ちゃん見て、いつもと違う事を感じている桃ちゃんは?
20140821104718e70.jpg
時々太郎ちゃんの様子を伺っています。


201408211047168cc.jpg
そしてずーっと側に寄り添ってくれています♡


20140821104715e8c.jpg
術後、はじめて太郎ちゃんがカラーを付けている姿を見た桃ちゃんは『面白~い♪♪』とテンションが上がり↑↑『遊ぼ~♡』と太郎ちゃんを誘っていましたが、いつもと様子が違う事に気付くと、このように静かに見守って居てくれるようになりました。
しばらくは一緒に遊ぶ事が出来ないけれど、桃ちゃんが側に居てくれるだけで太郎ちゃんは心強いと思うから、優しく見守っていて下さいね♡



201408210034360d7.jpg
太郎ちゃんと遊べない桃ちゃんはパパの側に寄り添ったり、一緒にお昼寝をしてゆったりとした時間を過ごしました♡
普段はあまりのんびり出来ないパパなので、こんな休日も幸せでとても贅沢な時間ですね☆



術後2日目
20140821111123065.jpg
この日から仕切りに傷口が気になり出した太郎ちゃん。
クインカラーにも慣れてきて、身体を器用に丸めて隙あらば傷口を舐めようと必死です!
仕方がないのでこんな時の為にと新たなカラーの登場です♪
ポンポリースのドーナツエリザベスカラー
Pom Preece


201408211111245ab.jpg
軽くて柔らかいのでエリザベスカラーよりも快適のようでした。


20140821111122770.jpg
がっ!
慣れてくると傷口に届いてしまったので、仕方なくダブルカラーを付ける事となりました。


すると。。。
20140821003348347.jpg
コングにフードを入れて転がす事も食べる事にも支障はないようでした♪


201408210033467a6.jpg
後ろ姿が可愛いです(笑)


随分と動けるようになってきたのでフリースペースにしてみると。。。
20140821003349943.jpg
桃ちゃんが太郎ちゃんのカラーを外そうとしているようでした(笑)
優しい桃ちゃん。
太郎ちゃんの事を気遣ってくれてありがとうね~♡
それではドーナツエリザベスカラーだけ外してあげましょうね。


すると。。。
20140821000709871.jpg
動くと傷口が突っ張るのか?
保護テープが痒いのか??
仕切りにカキカキしようとする太郎ちゃん。


2014082100070716d.jpg
そしてペロペロもしてしまう太郎ちゃんを見て『だめですよ~』とでも伝えているかのような桃ちゃん。
傷口が気になり全く遊ぶ気がない太郎ちゃんでした。


2014082100343561e.jpg
カイカイでもへそ天で爆睡中(笑)


20140818184202f35.jpg
早く桃ちゃんと一緒に思いっきり遊べるといいですね♪
その日までもう少しみんなで太郎ちゃんの事を支えていきましょうね。

太郎ちゃん去勢手術のおはなし♪はつづく





この記事のみを表示する桃ちゃん避妊手術のおはなし♪

避妊・去勢手術

9月2日(月)
避妊手術の日程が決まりました!
1080611-1.jpg
手術予定日の2週間前から
エリザベスカラーを付ける練習をしました!
避妊手術を経験された方々のブログを読ませて頂くと
術後のカラーでストレスを感じるわんちゃんが多い事を知り
早速練習を開始しました♪



DSC_0573-1.jpg
まずカラーのイメージを良くする為に
ごはんの器の上からカラーを被せてみました!



すると
1080141-2.jpg
何のためらいもなく自分からカラーに頭をいれて
いつも通りパクパク美味しそうに食べる桃
「う~んいい感じ♪」
嫌がらないので少しずつ付けている時間を伸ばして行きました。


1080644-1-1.jpg
すっかり慣れてこの笑顔♪♪
カラーを付けたまま眠れるくらいに慣れて
パパとママはひと安心でした。


手術前の注意事項
☆手術予定の12時間前から食餌を与えないで下さい。
☆水は手術当日の朝7時から与えないで下さい。


麻酔の手順
☆麻酔の方法は、年齢や心肺機能.肝臓腎臓機能などの術前検査により決定します。
☆麻酔の手順は、通常麻酔前投薬もしくは短時間麻酔により導入し、気管チューブを挿入します。
 その後、イソフルランというガス麻酔により麻酔を維持します。
☆麻酔の覚醒は通常ではガス麻酔後、数分から数十分でみられます。


手術の一般的な手順
☆手術前に手術部位を広く毛刈りします。
☆術野は数回にわたり消毒を行い、ドレープで切開する部位以外を覆い、全て無菌的に行います。
☆術創は縫合糸で縫い、テープなどで保護をします。
☆抜糸は通常7日~10日後に行います。

手術後.退院後のご注意
☆術創をかじらないよう首にカラーを装着し保護する事があります。
☆手術翌日あるいは2日後に手術の経過診察の為に来院して下さい。


9月2日
7ヶ月と22日目

手術当日の朝
6時半頃お水を飲んで朝ごはんはなしの桃。
ごはんを与える時間を毎日同じにしないようにしている為か?
特に催促する様子もなく10時前に病院へと到着。

午前中は血液検査などを行い問題がなければ午後から手術。
16時に連絡を入れて通常ならば当日帰宅可能!

実はこちらの病院はかかりつけ医ではなく
6ヶ月の歯の生え替わりの時に
歯科専門医である院長先生に診察して頂き避妊手術の事を伺うと
『日帰り手術が可能』と伺い
桃の性格を考えると入院するよりも自宅で過ごす方が良いだろうとの事で
こちらの病院で手術をする事を決めました。
歯科検診を受けた時に奥歯に少し歯石が付いているとの事で
手術後、麻酔が効いている時に歯のクリーニングもお願いしました。

術後無事に目覚めた桃は17時頃には帰宅出来ました。
18時からお水を少量ずつ与えて吐く事がなければ19時にごはんをあげて良いとのこと。
通常の1/3の量をいつもの勢いはないものの食べてくれてひと安心!
も束の間。。。
なんと帰宅後19時半におしっこをしてから
それ以降27時間半もの間
おしっこをしませんでした~(@_@)

翌日の術後の経過を診て頂いた時に獣医さんに尋ねると
「傷口の痛みと手術のストレスから排泄をしない子もいる」とのこと。
でも大抵24時間位経つと我慢も限界に達すると聞き
ここでも我慢強い一本筋の通った桃の姿をみる事となりました(笑)

そしてあれほど練習をしたカラーは
1日で外しました(笑)

術後に帰宅した桃は傷口が痛むのか?
横になろうとはせず
ウトウトしながらも
ずっと座ったままの姿勢で3時間。。。
ケージに入って横になるものの
夜中の2時頃までバタバタと動いていました。

排便も3日間出ず!
水分も取らず食欲もない…
桃のストレスがかなり強いと感じ
1日で外す事にしました。
とは言え傷口を舐めてしまうのを防ぐ為には
どうしたら良いか?と思いついたのがこちら↓
IMG_20130904_173532.jpg
じゃ~ん!!
パパの腹巻きを改造して作った腹帯!
カラーを付けているよりは楽なようで
慣れてくるとお耳をカキカキしたり
肉球をペロペロ出来るので桃も快適なようでした♪


IMG_20130907_132124.jpg
術後4日目から少しずつおもちゃに興味を示したり走って遊ぶ姿も見られるようになりました♪



しかし3日間上げ膳据え膳のお姫さま扱いをした結果
IMG_20130906_065321.jpg
自分からごはんを食べないわがまま姫の出来あがり~!!となりました(笑)
いつも通りに器に入れて置いても食べようとしない為
転がして『自分で努力』をしないと食べる事が出来ない
ステップボールにフードを入れて置いてみると…
『あたし術後だから歩けません』顔の桃。。。


見ない振りをして様子を伺っていると…
IMG_20130906_070007.jpg


少しずつ。。。
IMG_20130906_070406.jpg


気付かれないように。。。
1090036-1.jpg
接近し。。。
空腹には勝てなかった桃姫は
自分でコングを転がしてフードを全部食べたとさ♪
めでたし 
めでたし♪


赤ちゃん用の腹巻き姿♪
IMG_20130908_082158.jpg
『似合ってますか~?』


手術の7日後に抜糸を終えた桃
IMG_20130908_135233.jpg
毎日優しくブラッシングはしていたのですが
腹巻きを外すとフエルトのような毛玉がたくさん出来てしまいました(@_@)


手術前も手術後も心配で心配で仕方がなかったママ。。。
27時間半もの間おしっこを我慢した桃。
実はその後も21時間我慢をした根性の持ち主でした(笑)
先に手術を終えていた同級生のママさんに色々と相談をしたり
励まして頂いたおかげで
どうにか避妊手術という大きなイベント?を終える事が出来ました♪

かなり長文のブログとなりましたが
これから手術の日を迎える飼い主さまの
少しでもお役に立てれば嬉しく思います♪


これで桃ちゃんの避妊手術のおはなし♪は
おしまい