風ちゃん発情ポーズのおはなし♪

風ちゃん発情ポーズのおはなし♪

2007年2月生まれ
6歳と9ヶ月の風ちゃん♪
F1010064.jpg
『風』という名前は初めて会った時に
ふわふわな感じが『ふう』というイメージにぴったりで
ひらがなではなく漢字の『風』が浮かんできました♪

皆さんはどのように愛犬のお名前を決めているのかしら?
名前の由来ってとても興味があります!
きっと飼い主さまの『想い』や『願い』がたくさん込められていると思うから。。。



3月3日
F1010087.jpg
風ちゃんが我が家に来て4日が経ちました。
毛も生え揃いずいぶんと大きくなりました♪
ごはんも雛用の粟玉と成鳥用の餌の2種類を与えていました。



3月6日
F1010096.jpg
この頃から風ちゃんはひっくり返って遊ぶのが大好きで
「でんぐり返りが出来る芸達者♪」なんて喜んでいましたが
実はこの姿勢は発情を促してしまうことになるそうです!




こちらは発情のポーズ
DSC_0145-1.jpg
発情モードに入るとママが声を掛けただけで
『ぷん!』と声を出しこのポーズを取ります。
こうなると何をしても発情は収まりません!
逆さまにしようともえび反りのまま。。。
でも発情のポーズをとったからとすぐに卵が出来る訳ではありません。

鳥は排卵.受精から産卵までお母さんのお腹の中にいる日数は
1日もないそうです!
にわとりが毎日卵を産むのは皆さまによく知られていますよね!
多くの方はお腹の中で卵が順次作成されて
毎日1個ずつ押し出されると信じていますが…
実際に卵を作る卵管ではたった1個の卵しか作られず
産卵してようやく次の卵子が排卵されるシステムとなっているそうです。

鳥が発情をしてお腹が出っ張ってきたら毎日必ずお腹を触って
卵があるかどうかをチェックする事が大切です。
そして卵を触って24時間経っても産卵しない場合は
卵詰まりの可能性が高いのですぐに受診し処置を施さないと
命を落とす事へと繋がってしまいます。

風ちゃんも何度か卵詰まりを起こし病院へ駆け込みました!
本当に鳥専門の獣医さんが近くにいらして
何度命を救われた事か。。。(涙)

卵詰まりは通常のカルシウム不足で起こるので
ボレー粉を与えて日々の日光浴がとても大切です♪



桃が来るまでの風ちゃんは
リビングを自由にトコトコ歩き周り遊んでいました♪
1000006-1.jpg



パパとママの所へも
1000005-1.jpg
いつでも来れるようにお家の扉は出入り自由でした♪
でも桃を迎えるにあたりケージを置ける場所は
今まで風ちゃんが遊んでいた場所しかなく
風ちゃんはダイニングの新しい場所へとお引っ越しになりました。


風ちゃんのお家
1230470-1.jpg
パーテンションを置き目隠しをして
桃と風ちゃんが
お互いの姿が見えないようにしています。
ソファーは風ちゃんの方へ向けてあり
桃の足腰の負担を考えて登れないように配置替えをしました。



ご機嫌でお喋り中♪♪
IMG_20130702_155238.jpg
今ではすっかり自分の居場所になり
少し?狭くなったお庭でトコトコお散歩を楽しむ風ちゃん♪
まだまだ時々パパとママに向かって
発情のポーズをしてしまうけど
体重管理とお薬で
最近は卵を産む事もなくなりました!

来年2月で7歳になる風ちゃん♪
いつまでも元気で
「ぴよぴよ♪」ときれいな声のBGMを
パパとママに聴かせ続けて下さいね♪♪


これで風ちゃんの発情ポーズのおはなし♪は
おしまい
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索