悲愴

悲愴

ベートーヴェンのピアノソナタ 
悲愴  第2楽章
2353_230_160_crop_a99dd.jpg


この曲を聴くと

心がとても穏やかになり

嬉しいとき

辛いとき

悲しいとき

どんな時にも

心がすーっと落ち着きます。






2014年1月16日


満月に導かれるかのように


義理の父が虹の橋を渡って旅立ちました。


享年84歳


80歳まで現役で開業医をされていました。






義理の父を


パパはこう例えました。


己の道を突き進む


唯我独尊のような人。







覚悟はしていたけれど


永遠のお別れは


辛く


悲しい






長きに渡り



世の中に貢献をされた義父



どうか



安らかに



おやすみ下さい。







コメント欄は閉じさせて頂くことをご了承下さい。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索